食料と栄養の安全を確保する

未分類

Globally, there is sufficient water to produce food for everyone, but food and nutritional insecurity remains widespread. UN Photo/John Isaac

食料と栄養の安全を確保する
世界的には、すべての人のために食糧を生産するのに十分な水がありますが、食糧と栄養の不安は依然として広範囲に及んでいます。 さらに、人々が安全な水や衛生設備を利用できないか、まったく利用できない場合、下痢性疾患の有病率は、高い乳幼児死亡率、栄養失調、生産性の低下の主な要因です。

水不足の地域では、農業生産を維持し、食料価格の変動を回避するために、水の利用可能性を保護するための強力な戦略が必要です。 作物、家畜、魚の生産の持続可能な強化を可能にする遺伝学と技術の進歩は、可能な限り効率的に需要を満たすのに役立ちます。

原文

Ensuring food and nutritional security

Globally, there is sufficient water to produce food for everyone, but food and nutritional insecurity remains widespread. Furthermore, where people have limited or no access to safe water or sanitation, the prevalence of diarrhoeal diseases is a major factor in high child mortality rates, malnourishment and loss of productivity.

 

In water scarce regions, there needs to be robust strategies to protect water availability to maintain agricultural production and avoid food price volatility. Advances in genetics and technologies that allow the sustainable intensification of crops, livestock and fish production can help meet demand as efficiently as possible.

 


≪こちらの情報は美と健康をテーマに
厳選した商品、案件を取り扱うunicleが提供しました。≫

関連記事

特集記事

TOP